朝の習慣で才能開花?朝活を始めてみよう

脳が活動する朝の時間帯を効果的に使えるようにする

脳や体は一日中同じレベルで働いているわけではなく、一日の中でいわば浮き沈みがあります。
そこで、できるだけ脳と体が活発に動く時間に大切なことができるように生活リズムを調整することで、より充実した毎日を送ることができるようになります。

脳のゴールデンタイムと一般的に言われているのは、夜の10時から4時間くらいの間で、この時間に脳の中で情報整理などが行われています。
この時間帯とは別に、もう一つ脳のゴールデンタイムが存在します。
それが、朝ごはんを食べてから2時間から3時間後の間です。

そのため、できるだけ早く起きて朝食を食べることで、活発な脳と体の働きをより効果的に用いることができるようになるのです。
いつもより3時間早く起きることで、自分磨きのための時間を持つことができたり、趣味に充てるための時間を確保できたりすることができるようになります。
それに加えて、朝一からフル回転の状態で仕事ができるようになりますので、朝活をする価値は十二分にあると言えるでしょう。

太陽の力と朝ごはんは一日の活力となる

朝の時間を活用することこそ朝活のポイントです。
そのため、朝起きたらすぐに日の光を浴びるようにしましょう。
寝室のカーテンを開けたり、目覚めたら外に散歩やジョギングに出る習慣を身に着けると、体内時計がリセットされて一日中新鮮な気持ちで動けますし、心地よい睡眠を得るのに役立ちます。

そして、朝ごはんをしっかりと食べるというのはとても大事です。
人間は活動するのに、糖質を始めとするエネルギー源を必要とします。
朝食はその点、一日のエネルギー源を摂取するのに欠かせない機会ですので、朝ごはんを抜くようなことがあってはなりません。

朝食は栄養バランスの良いものとして、糖質を摂れる炭水化物やたんぱく質をしっかりと摂るようにしましょう。
朝食をおいしく食べられるようにするためにも、夜遅くの飲食を避けたり、できるだけ軽い夕食を摂る習慣を身に着けるのも大事なことです。
しっかりとした朝食を摂るというのは面倒なことに思えるかもしれませんが、実際にやってみると一日の動きが全然違うことに気づくはずです。

一日の始めにその日の目標を立てる

一日を充実させるためには、朝にモチベーションを高めることが重要です。
やる気を持って一日を始めることができれば、仕事も遊びも目いっぱい行えるようになります。

そのためにも、朝の時間にその日に成し遂げたいことを考え、目標を立てるようにしましょう。
一日ごとに自分が成長できるような目標を立てて、気持ちを高めていくことが自分の才能を開花させることにもつながります。
毎日の目標をメモに書き留めるなどしてしっかりと自分の意識に植え込むことで、一日中ずっと意識を高い状態に保つことができるようになります。