話し方の改善

話し方

ダメな話し方

ダメな話し方と言えば、とにかく「何を言っているのか解らない」に尽きます。
話すという事は、特にビジネスに於いてはとても大切なものです。
独り善がりなものではなく、相手に伝えなければならないのですが、目的が明確ではない場合、「何が言いたいの?」と思われてしまうものです。

ついつい「長ければ良い」と思ってしまっている人もいるようですが、これは誤解です。
ビジネスに於いては、話し方としては短い方が良いのです。
そして「あの」「それ」「まあ」といったような接続詞や間を取り持つ言葉が多いとこれもまた相手に不愉快を与えてしまう事になります。

言葉遣いは重要

ビジネスの場なのですから、友達相手に話すのとは訳が違います。
言葉遣いのおかげで成功するものが失敗してしまったりといった事もあるのですから、話し方には気を付けるべきです。
話し方で印象が決まると言っても過言ではないのです。
場合によってはそれが大きな損失を生む事にもなるのですから、自信をもってハキハキと喋るようにしましょう。

聞き取れないような声もNGです。
いろいろと気をつけるべき部分はありますが、自分自身で「こんな話し方は嫌だ」と思う事を考えれば、どのように話すべきなのかは見えてくるはずです。