フレームワーク思考

フレームワーク

フレームワーク思考とは

「フレームワーク思考」という考え方があります。
フレームワーク思考がどのような考え方なのかと言えば、幾つかあるアイディアをまるでフレームに落とすかのように当てはめて行くのです。
フレームワーク思考が出来ないと、どうしても自分本位になりがちです。

例えば商品を開発する際、フレームワーク思考が出来ないと「これが良いのではないか」「これは売れるはず」といったように、なぜ売れるのかの理由が説明出来ません。

感覚のみでの説明に終始してしまう事も珍しくないのですが、フレームワーク思考が出来ると、良いアイディアと悪いアイディアを比べたり、重要度はどちらの方が上なのか。
優先順位はどちらが上なのか。
利益はどれが出るのか。

これらを簡単に比較する事が出来るため、ロジカルシンキングにも役立つとされています。

フレームワーク思考のメリット

また、フレームワーク思考を心掛ける事でニーズを適切に掴む事も出来ますし、意思の疎通も行いやすいと言われています。
ビジネスに於いて意思の疎通はとても大切な物です。
多くの人と一つの目的を目指すのですから意思の疎通、コミュニケーションはとても大切なものですが、意思の疎通が出来ないケースもあるでしょう。

やはり考え方は人それぞれなのですから、言葉だけで説明しても、多少の齟齬が出てしまうのは致し方ない部分なのですが、フレームワーク思考を持ったもの同士ですと、意思の疎通も行いやすいとされています。
目的・方向性等を具体的にイメージする事が出来るようになるのですから、何をすべきなのか見えてくるのです。

フレームワーク思考は様々なビジネスに展開する事が出来ますので、是非とも覚えておくべき考え方と言えるでしょう。
比較的新しい考え方ではありますが、基本的な部分ではロジカルシンキングに近い部分もあります。
ロジカルシンキングの一環・一助としてフレームワーク思考を意識して置く事も良いかもしれません。

ビジネスは様々です。
大切な事もあれば、そこまでではないものもあるでしょう。
タイミングによって変化しますし、リスクもあればコストも違います。
これらが上手く整理出来ないと何をすべきなのかが見えてこないものです。

これらをフレームワーク思考でしっかりと整理する事が出来れば、何をすべきなのかも見えてきますし、リスクヘッジはもちろんですが、スケジュール管理等にまで応用する事が出来るようになります。
出来るビジネスマンとして、フレームワーク思考は是非とも覚えておくべきものです。

基本さえ理解していれば応用する方法は様々ですので、フレームワーク思考をいろいろと摸索してみる事は決して悪い事ではありません。
仕事の考えが上手くまとまらない人や、スケジュール管理が苦手な人は、フレームワーク思考を心掛けてみると良いでしょう。