システムシンキング

システム

システムシンキングとは

システムシンキングという考え方もあります。
どのような考え方なのかと言えば、とにかく全てをシステマチックに考えるのです。
「こうすればこうなる」といったように、全てをシステム的に考える事で、ビジネスに於ける効果を整理する事が出来ます。

これだけですと特に生産性を見る事が出来ないと思うかもしれません。
ですがシステムシンキングを心掛ける事で、プロセスと結果をセットで考える事が出来るようになります。
ビジネスだけではなく、物事には全て理由があります。

それらを全てシステムとして考える事で、合理性が見えてきたり、客観性を備える事が出来るようにもなります。
また、前例によるリスクヘッジも可能になりますので、システムシンキングは様々な企業が推進している考え方と言われています。

システムシンキングのメリット

「何となく」や「気分」といった事は、人間の気持ちとしては否定出来るものではありませんが、ビジネスに関して言えばそのような理由では周囲を説得する事は出来ません。
ですがシステムシンキングですと、「こうなればこうなります」と説明する事が出来ます。

さらに物事をシステマチックに考える事でプロセスと効果の関係を客観的に理解し、他のビジネスにも転用する事が出来るようになります。
まるで方程式のように、事象から結果を導く事になるのですが、システムシンキングは経験によっても答えが変わってくるものです。

知識や見聞によって出される答えが変わってくるのは言うまでも無いのですが、どれだけ説得力があるのか。
自分のシステムシンキングで出した答えであっても更に吟味する事で何かに気付く事が出来たり、或いは違うジャンルに応用する事が出来るようになります。

ビジネスそのものを成功に導けるようになるだけではなく、ビジネスマンとしての力量を高めてくれる事にもなりますので、システムシンキングを心掛けてみるのも良いでしょう。

特に毎回毎回成果が異なると嘆いているビジネスマンは、システムシンキングは是非とも意識すべきです。
自分の行動をシステム化する事で、失敗している原因が浮かび上がってきます。
なぜ失敗しているのかが解れば、成功への道筋も見えてくるのではないでしょうか。

目の前のお仕事に対しての効果的な方法はもちろんですが、ビジネスマンとしてのスキルを高めてくれる事にもなるのがシステムシンキングです。
多くの企業で推進されているのは、成果はもちろんですが、人材育成という観点からのものでもあるのです。