1. >
  2. >
  3. 人付き合いを効率化しよう

人付き合いを効率化しよう

働くうえで「無駄を省く」という考え方は重要ですが、人付き合いにおいても、無駄と判断したものは省いたほうがいいでしょう。ある童謡の歌詞に「友達100人できるかな」というフレーズがありますが、本当に100人も友達が居たら、到底全員と付き合いきれるものではありません。

付き合う人間は選ぶべき

友達付き合いや親戚付き合い、仕事仲間のように、様々な形での人付き合いは発生しますが、「付き合うメリット」については常々考慮するべきです。「有益な情報を提供してくれる」、「質のいい仕事話を持ってきてくれる」など、自分にとって何かしらのメリットがある人であれば、交流を継続すべきなのは言うまでもないでしょう。メリットらしいメリットを感じない人であれば、なるべく遠ざけるように心掛けたほうが明白です。

なんだか、人を査定していることに引け目を感じる人もいるでしょうが、遠ざける相手を「自分の時間を無駄にする相手」と考えれば、抵抗感も薄れるでしょう。また、「付き合ってるとなんとなく安心する」という曖昧なメリットだとしても、それはそれで構いません。大いに交流を楽しんでください。

ギフト選びも効率化可能

人付き合いを継続していると、知人や友人から結婚や新築などのニュースを聞くことも多くなります。そんな時に、何かしらお祝いの品を贈りたいと考える人も居ますが、これも効率化をすることができます。例えば、カタログギフトのように相手に選んでもらうタイプの贈り物であれば、何を贈ればいいか考える時間を減らすことも可能です。

カタログギフトは好みの品が無いといって嫌がる人もいますが、基本的にカタログギフトの質は価格に大きく左右されます。結婚式の引き出物のようなお金のかかるシーンではあまり予算がかけられませんが、こちらが祝う立場なら高価格帯のカタログギフトを選べば問題ありません。

またカタログの中には、男性向け、女性向け、子供向けなどテーマを持ったカタログギフトもあります。
テーマを絞った分不要な商品が少ないので、こちらのようなカタログを知っておくと便利です。
🎁カタログギフトのマイプレシャス|特別感が伝わる「専用」カタログギフト

また、母の日におけるカーネーションギフトや、バレンタインデーのチョコレートギフトのように、イベントを象徴するアイテムを選ぶことでも、ギフト選択の手間を省くことが可能です。交流する人間が多い人ほど、効率的に人付き合いを続ける方法の修得は必須となるでしょう。